読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐうたら商会

ビジネスから娯楽まで。 軽く笑えるユーモアとうまくやり抜く賢さを。

子どもの成績を上げる鍵はどれだけ強く信じられるか。ピグマリオン効果

「塾に通わせても、どれだけ熱心に勉強するように言っても思うように子どもの成績が上がらない。」

こんなお悩みありませんか?

 

この悩みを解決する鍵、それは

子どもの成績が上がることを強く信じること。

これだけなんです。

 

アメリカでこんな研究が行われました。

生徒を2つのグループに分け、先生達に1つのグループはすごく優秀な生徒であり、もう1つのグループは一般的な能力の生徒たちであると伝えました。

実際にはこの2つのグループ間に能力の差はありません。

そして、先生達は一方のグループは優秀な生徒たちだと信じ込み教育を行ったところ、数ヶ月後のテストでは実際に成績が大幅に上がっていたそうです。

先生の期待が子ども達に伝わったことで、子どもたちが本来持つ能力が引き出されたというのです。

この実験のように、ある対象への高い期待によって実際に高いパフォーマンスが引き出されることをピグマリオン効果と言います。

 

実際、私は塾で講師をしており、生徒たちの成績を上げている実績があります。

しかし、特別な指導はしていません。むしろ、授業に関しては緩く、宿題なんかもほとんど出しません。

それでも、私の生徒たちが成績を伸ばしているのは、私が生徒たちの能力を信じて、成績が上がることを期待しながら授業を行っているからだと思います。

 

また、逆に期待をせずに接していると、実際のパフォーマンスも下がってしまうという実験結果もあります。これをゴーレム効果と言います。

 

子どもの能力にネガティブなイメージを持ってしまうと、子どもはそれを感じとって、成績が下がってしまうのです。

 

このことは、なにも子どもの勉強の成績だけに言えることではなさそうです。

部下の能力に対して上司が抱く期待感が部下のパフォーマンスにも通じるとも考えられます。

 

 

全人類にブログをオススメする理由。

こんにちは。tamaです。

 

最近ブログの更新を止めていましたが、本日からちょくちょく更新をしていきたいと思います。

それと同時に、2つの理由から全人類にブログをオススメしたいと思っています。

 

f:id:tama1992:20170420231611j:plain

 

目次

 

自分の意見を述べる練習になる。

これが一番の理由ですね。人間生きてりゃ、テレビやらインターネットやら、新聞、本から嫌というほど情報が入ってきます。特に近年は情報が溢れていて、自分から発信する情報に比べて、入ってくる情報が多過ぎます。

そんな多くの情報が入ってくると頭が混乱します。ある出来事を肯定する情報もあれば、逆に同じ出来事を否定的に捉える情報もあります。

ただ情報を鵜呑みにしてるだけの生活をしてると、情報に流されてしまう。そんな気がします。

普段から自分で情報を発信する習慣をつければ、物事を批判的に考えられ自分の考えを持てるようになります。

批判的というのは、なにも頭ごなしに否定することではありません。物事を客観的に捉え、自分の価値観や経験、知識と照らし合わせ、自分なりに解釈する。これが物事を批判的に捉えるということです。

自分の意思を確固たるものにして、自分らしく生きていくためには、物事を批判的に捉えるというのはとても大切なスキルなんじゃないかと思います。

このスキルを身につけるには、やはり普段からアウトプットを意識して、情報を受け取ることが大事ですよね。

Facebookやtwitterで発信するのもモチロン良いです。とにかく、情報は受け取るだけでなく、発信することに目を向けることが大切。

あと、ブログのどこが良いかって、Facebookやtwitterに比べて表現の自由度が高い点です。

文字数の制限も特にありませんし、文字のレイアウトや写真や動画の添付もSNSに比べて自由に出来ます。ブログを自分の意見の表現の場と考えるとFacebookやtwitterよりも優れています。

 

知識の整理になる。

先ほど述べたように、この世の中は情報過多なんです。しかも、スマートフォンの普及でいつでもどこでも必要な情報が手に入る。となると、なんだか自分がなんでも知ってるような気になるものです。

実際、私もそうでした。自分の傲慢に気付いたのは大学生の頃でした。講義中に他の学生が意見してるのを横目に「そんな当たり前の常識をよくも偉そうに発言しちゃって」そんな風に思っていました。レポートなんかもインターネットでチャチャっと調べて、キュレーションすれば、まあまあ書けてしまいます。

そんなことで、「自分はなんでも知ってる人間」と思っていました。

転機は、大学三年生の頃訪れました。ある商社のインターンの選考でこんな課題が出たのです。

「グローバル経済市場のメリットとデメリットを800字以内に述べよ」

経営学部だった私は「なんだこれ、余裕じゃん!」と勝利を確信しました。

しかし、そう思ったのもつかの間、全く言葉が出てこない。いつも聞いてるはずの言葉が。

そうです。私は自分の周りにある情報を自分の知識であると勘違いしていました。「そんなバカなことあるか」と思うかも知れませんが、普段たくさん本を読む人や、人と話す機会がある人ほど危険かも知れません。実際僕がそうでしたから。

難しい本を読んで理解出来ると、それだけで満足してしまっていました。また、本やインターネットで得た知識を人に話してアウトプットした気になっていました。しかし、実は相手が良識ある人間だったために、私の曖昧で分かりにくい表現を理解してしてくれてただけに過ぎなかったのです。

このインターンでの失敗を機に、ノートに自分の知識をアウトプットしまくる作業をしました。そうすることで、知識が体系化され、また、どの情報について自分はよく理解出来ていないのかも知ることが出来ました。

ブログはそんな知識を体系化するツールとしても最適だと思います。なんせ、インターネットを通じて世界中に情報が発信されるわけですから、曖昧な知識ではいけません。自分の知識の詰めの甘さを認識し、整理する習慣がつくことでしょう。

 

まとめ

以上の2点から、私は全人類にブログを書くことをオススメします。よく、アフィリエイトでお金が稼げるだとか言う人もいますが、それは二の次です。

アウトプットを重ねて、質の良い情報を世の中に提供し続けることが出来れば、お金は後からついてきます。

良質なアウトプットを習慣にしていれば、大学生はレポートを書く際や就職活動のエントリーシートや面接で必ず役に立ちます。社会人の方々は、営業や企画で相手を説得させたい時、問題解決において状況を整理し策を講じる時に役に立つこと間違いなしでしょう。

藤子・F・不二雄「異色短編集」でお腹いっぱい。

こんにちは。tamaです。

 

先日、友人から藤子・F・不二雄「移植短編集」なるものを借りて読みました。

f:id:tama1992:20170420201632j:image

藤子・F・不二雄といえば、皆さんご存知「ドラえもん」ですよね。

未来から来た猫型ロボットがひみつ道具を使って、冴えない少年のび太を助ける?物語です。

アニメ版のドラえもんは全体的にほんわかした雰囲気ですが、漫画のドラえもんは時折ブラックジョークや過激なシーンが混じり、ドキッとすることがあります。

f:id:tama1992:20170420202123j:image

f:id:tama1992:20170420202134j:image

今、僕が読んでる「異色短編集」はそんな藤子・F・不二雄のブラックな話が詰め込まれた単行本になっています。

 

ミノタウルスの皿

f:id:tama1992:20170420202430j:image

気楽に殺ろうよ

f:id:tama1992:20170420202539j:image

箱舟はいっぱい

f:id:tama1992:20170420202553j:image

パラレル同窓会

f:id:tama1992:20170420202608j:image

 

これら4冊が出版されており、いずれも単行本のタイトルの物語を含む12,3の短編で構成されています。

社会風刺のネタやブラックユーモア、ドラえもんのような不思議な道具を使った物語が多いです。

いちばんのお気に入りは「並平家の1日」という作品で、消費傾向や能力が日本の平均と似通ったある家族をモニタリングすることで、日本全体の消費傾向の流れを掴み、利益を上げる企業の物語です。

現実には、静岡県の人口構成比が日本全体の人口構成比と似ているため、企業が新しい商品の販売を考える時には、まず静岡県で試してみる。という話がありますが、「並平家の1日」ではそれを一家単位でやってしまうというアイデアです。

他にも、このような面白いアイデアが詰め込まれた作品がたくさんあります。しかも、1話1話が短いのでスラスラ読めちゃう。時間を忘れてしまいます。

中には、一度読んだだけではオチが?という作品もありましたね…私の想像力不足でしょう。笑

なんだか、読んでいるだけで知的になったような気分になります。社会風刺作品なんかは今でも通用するものがほとんどで、藤子・F・不二雄の先見の明の素晴らしさが伺えます。

星新一さんのショートショートなんかとも似た雰囲気があるので、星新一の作品が好きな方は是非。逆に、藤子・F・不二雄「異色短編集」を読んで面白い!と思った方は星新一さんの作品を読んでみると良いですよ。

星新一さんは世の中に1000以上の作品を送り出し、そのほとんどが秀逸なものばかりなんです。特にSF作品のバラエティの豊かさは異常で、今SF作品を書いても全て星新一さんのパクリになってしまうとも言われています。

それほど、世の中に素晴らしい作品を多く残したということですね。

とにもかくにも、藤子・F・不二雄「異色短編集」。皆さんも是非。

 

 

田舎者が1年ぶりに東京に来て驚いたこと。

こんにちは。tamaです。

f:id:tama1992:20170319013619j:image

ただいま、観光で東京に来ております。

地方出身の僕としては、東京に来て街をブラブラと散策しているだけで刺激がたくさんあります。

そこで、今回は田舎者のtamaが東京に来て気付いたコト、驚いたコトをまとめてみました。

 

目次

 

GoogleMapsにUberがある。

f:id:tama1992:20170319010839j:image

 一般人がタクシーサービスを提供出来るuberというサービス。

数年ほど前から話題にはなっていますが、実際にサービスを提供している人にも受けたことをある人にも会ったことがないので、僕にとっては関係のない話だと思っていました。

そのuberが、東京ではGoogleMapsのサービスと連携しているのです。料金は電車とタクシーの中間くらいでした。

次に東京行った時は使ってみようかと思ってます。

 

スシローが120円〜だった。

f:id:tama1992:20170319011012j:image

 100円寿司で有名なスシロー。僕自身、寿司が大好きなのでよく利用させてもらっています。

そんなスシローが東京では120円寿司なんですね。地価の関係でしょうか。

 

マリカーが本当にいる。

f:id:tama1992:20170319011101j:image

今、話題のマリカー。テレビやネットのニュースでも前から話には聞いていました。でも、これも地方にいると馴染みのないサービスですよね。

東京で2回も見かけたので、「あ、マリカーって本当にやってる人いるんだ」と驚きました。

料金は1時間3000円以下と意外とリーズナブルなので、経験として一度はやってみたいですよね。

  

電子マネーが普及し過ぎている。

f:id:tama1992:20170319011540j:image

電子マネーが普及し過ぎて、電子マネーを使わない人にとっては、生活し辛いと感じました。

特に、電車に乗るときです。僕は電子マネーを使わないので、切符を買って電車に乗るのですが、ほとんどの改札が電子マネー専用。切符が使えるのは端っこにある2、3台だけ。

電車に乗るのも一苦労でした。

 

ストレッチ専門店がある。

f:id:tama1992:20170319012909j:image

ストレッチ専門店なんてものがあるんですね。

確かに、ストレッチはマッサージ以上に体の疲れを取ってくれるイメージがあるので良いかも知れません。

料金は1時間4000円くらいでした。まあ、トレーナーを1人使ってると考えると妥当な料金ですかね。

ただ、同じ4000円払うならマッサージを受けようと思ってしまいますよね。

ストレッチは1人で出来てしまいそうだから。

やっぱりプロの人から受けるストレッチは全然違うんですかね。

機会があったら是非受けてみたいと思ったサービスの1つでした。

【運営報告】ブログ運営3ヶ月 30記事で1万pv達成!!

こんにちは。tamaです。

f:id:tama1992:20170311165502j:plain

 

先日3月8日、ブログ運営を始めて3ヶ月が経ちました。

率直な感想は「こんなにも上手くいくとは思わなかった!」です。

3ヶ月も続いたこと。30記事も書いたこと。そして、1万pvを達成したこと。どれも自分としては上手く行き過ぎているという印象です。(もちろん、僕以上に成果を残されている方はいるので、まだまだですが…)

という訳で、今回はブログ運営開始からの3ヶ月間に行ったことや、自分自身の変化、そして、今後の展望などのお話をさせていただきます。

 

目次

 

ブログを始めようと思ったキッカケ

月並みですが、

  • 収入源を増やしたい。
  • アウトプットの場が欲しい。
  • ネットを使ったビジネスをしてみたかった。

というのが、僕がブログを始めたキッカケです。

実は、過去に何度かブログやキュレーションに挑戦したのですが、いづれも途中で断念してしまっています。

断念してしまった理由は、これまた月並みですが

  • 面倒くさい。
  • 書くことがない。
  • 割に合わない。

というものです。

それでも、ずっとブログなどのインターネットサービスを通じて、情報を発信していきたいという想いはありました。

そんな中、後輩の1人がブログを始めまして、「一緒にやりましょう」と薦められたのを機にブログの運営を始めました。

 

ブログ運営1ヶ月目(希望)

そんなこんなで始めたブログですが初めは苦労の連続でした。

  • 何について書けばいいか分からない。
  • 分かりやすい文章が書けない。
  • 記事を書く時間がメチャクチャかかる。
  • アクセスが全くない。

まあ、ブログを運営している方みなさんが直面したことがある問題ですよね。

どの問題も根気よく続けていれば、そのうち自然と解決していくものです。

しかし、そのように一言で片付けてしまっては身も蓋もないので、今後ブログを始めようと思っている方や、ブログを始めたばかりで上記のような悩みを抱えている方がこの記事を読んでいただいてることを想定して、僕が実践した簡単な解決策をお伝えします。

 

何について書けばいいか分からない

→初めは自分の得意なことについて書くのが良いと思います。あとは、日常的に取り入れている習慣で役に立っているものや、生活の裏技的な記事なども体験談を交えられるので書きやすいかと。

 

分かりやすい文章が書けない。

→知り合いに読んでもらって、改善点を指摘してもらうのが1番良い方法です。自分ではなかなか気づきにくいですからね。あとは、かしこまった表現やオシャレな表現を使おうと無理をするとかえって分かりづらい文章になるので、普段使っている言葉を選んで使うのがいいです。

 

記事を書くのに時間がかかる。

→タイピングは慣れれば早くなります。僕が初めに書いた記事なんて、3000字くらいで5時間かかってますからね。笑

でも、今では3,000字くらいであれば1時間半〜2時間で書けるようになってます。

僕はタイピングが苦手なので、初めの方はスマホで下書きを書いてました。笑

これだけで書く時間が半分になる裏技です。

 

アクセスが全くない

→ブログ開設直後は仕方がないですが、せっかく書いた記事が誰にも読まれてないとなるとモチベーションが続かないですよね。

ブログ村ブログランキングなどのランキングサイトに登録するだけで、1日10〜15のアクセスがくるので初めはオススメですよ。

あとは、Twitterでブログ専用アカウントを作って宣伝するのもいい方法だと思います。

この2つの方法なら、知り合いにブログを見られたくない。という方でも実践出来ますよ。

 

と、まあ、こんな感じで僕は1ヶ月目を過ごしました。

初めは全く上手くいかなかったブログ運営。続けている内に、書くことも浮かんでくるわ、アクセスもあるわで「あれ、俺才能あるんじゃね?上手くいくんじゃね?」と勘違いしていく時期でした。

 

ブログ運営2ヶ月目(挫折)

僕としては2ヶ月目がもっとも苦労した時期でした。

記事を書いても書いてもアクセスは伸びない、読者さんも増えない。ブログを辞めようと思った時期でした。

実際、3週間ほど記事の更新を止めていましたから。

 

ブログ運営3ヶ月目(吉兆)

2000〜3,000字の記事を書いても書いても評価されない。本当に辛い時期でした。そんな中で僕はブログを辞めようと思っていました。

そのようなこともあって、半ばやけくそになって1年近くプレイしているアプリの記事を適当に書きました。

すると、なんということでしょう!普段は良くても10件ほどの検索流入が40件近くになっているではないですか。

これはイケる!と思った僕。そこで、僕はリライトにリライトを重ねていきます。

すると案の定、1日1000pv以上を稼ぐヒット記事になりました。そして、その相乗効果で、他の記事を読んでくれる人が増えていきました。

この記事のお陰で、3ヶ月目にして月間1万pvを達成することが出来ました。

どんな記事がユーザーのニーズにフィットするかは分からない。だからこそ、記事を量産してニーズを探る必要があると認識させられました。

そして、これを機に独自ドメインを取得して、グーグルアドセンスに登録しようと考えています。

 

ブログを始めて変わったこと

この3ヶ月は何かあるたびにブログのことかが頭にチラつくようになっていました。

あっ、このことブログのネタになるかも!

こんなことしたらブログに書けるかも!

こうゆうことが検索で読まれるようなネタなのではないか?

などなどです。

また、ブログでアウトプットすることを意識するため、日々の生活や出来事のインプットが非常に質の良いものになりました。

 

今後やりたいこと

将来的にはブログを通して多くの人に自分のことを知ってもらい、英語教師や人材コンサルタントの仕事に繋げられたらと思っています。

そのために、とりあえず直近の目標としては今年中に月間15万PVを達成したいです。

今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。