読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐうたら商会

ビジネスから娯楽まで。 軽く笑えるユーモアとうまくやり抜く賢さを。

バイタリティ溢れる毎日を過ごすための3つの方法。

ライフハック 人生 仕事 生活 体験談

こんにちは。tamaです。

 

f:id:tama1992:20161202001853j:plain

 

 寒い季節の布団は僕のヤル気を奪っていきます。まるで、布団に手足を掴まれているかのように動けずに、休みの日はダラダラしたい。こう思うことこともしょっちゅうです。もともと、バイタリティがないのかもしれません。ただ、こんな僕ですが、休みの日は外に出かけてバンド活動や野球をしたり、そうでなくても、家で読書や勉強をしたりなどそれなりに活発に動いています。

 ダラダラと過ごせることはとても幸せなことですが、活発に動けるのであれば、それはもっと幸せなことです。何かアクションを起こせば、家にいるよりも新しい出会いや興味に出会える可能性が高いですからね。

 

目次

 

なぜ動きたくないと思ってしまうのだろう

 なぜやる気が出ずに休みの日を布団の中で過ごしてしまうのでしょうか。それはすごく簡単なことです。行動を起こすことが割りに合わないと感じてしまうんです。

 例えばある日曜日、映画を観に行くとします。そうすると、それを達成するまでに色々とやらなければならないことが出てきます。布団からでる、ご飯を食べる、シャワーを浴びる、着替える、歯を磨く、コンタクトをつける、支度をする、車で映画館まで向かう。ここまでして、ようやく映画鑑賞にたどり着けるのです。

 しかも、その映画は終わってみるまで面白いかどうか分からないとても不確実なものです。そんな不確実なもののために、一連のアクションを起こすのはとても割りに合うものではないと判断して、僕は布団に残るという行動選択をしてしまいます。

 

行動することは短期的には合理的だが長期的に不合理

 ただ、この選択は長期的には不合理なものです。先ほど言ったように何か行動を起こせば新しい出会いがあります。その日はなくても、毎週末外に出かけたり、家で何かを作ったり、本を読んだりすれば、1年後には大きな財産になっているはずです。

 行動が起こせない理由はもう分かっていますから、後はどうすれば無理なく行動を起こせるか考えなければなりません。

 

バイタリティを身に付けるための3つの神器 

興味

  大人になるにつれて、なにかに興味を持つことのパワーを思い知らされます。興味っていうのはイコール物事への期待感なんです。今、自分が直面していることに対して、期待感があるかないかの違いがその物事を楽しめるかどうかに繋がってくると思います。興味がある→期待感が生まれる→楽しめる という具合ですかね。

 さらに、これが読書や映画鑑賞などではなく、スポーツやアートなど自分が能動的に働きかけるようなものであると、パフォーマンスの向上にも繋がります。こうしたことは誰でも無意識的に知っていることだと思います。

 ですから、興味を持っていることであれば、得られる結果の不確実性も解消され、行動を起こすことに繋がるはずです。

 

フットワークの軽さ

  フットワークの軽い人は行動を起こすことへのストレスがない人です。では、人はなぜ行動に対してストレスを感じるのでしょうか。これは今起こそうとしている行動を過大に見積もってしまうことが原因です。

 例えば、先ほどの映画鑑賞へ行く例で言うと、布団からでる〜車で映画館まで向かう、までの一連の行動をひとまとめの行動として考えているため、なかなかその行動に踏み込めないのです。目的までの行動を分割して考えて、段階的に行動していくことでこの問題の半分は解消されます。

 もう1つの解決策としては、普段考えて行動していることを考えなくても出来るようにルーティン化することがあります。

 例えば、僕は朝ごはんを作ったり、服を着替えたりすることをルーティン化しています。朝ごはんの献立を考えたり、着替える服を考えたりすることは意外とストレスになっていることがあります。ですから、毎朝食べるもの、休みの日に着る私服をあらかじめ決めておくことで、そのストレスを無くします。僕の場合は、朝はヨーグルトにバナナを入れたものを食べ、私服はリーバイスの501にラルフローレンの白シャツ、靴はDr.マーチンと決めています。これで、日々の行動の小さなストレスがなくなり、フットワークも軽くなります。

 

体力

 これは言わずもがなですよね。なぜ活発に動けないかっていうと、1番は疲れるからなんです。子どもなんかは毎日運動しているから体力もあり、大人から見ると信じられないくらいに活動的です。僕らは、体力的に疲れると次の日にも支障をきたしますから、そうなると家でダラダラしようってなります。この解決は至極単純なものです。運動すれば良いんです。1日5分でもいいんです。腕立て伏せと腹筋とスクワットを30回づつなら5分から10分もあれば出来ちゃいます。3週間も続ければ、普段の生活ではまず疲れなくなります。毎日運動してると、不思議と心も元気になってきて勝手に活動的になっているという良い副産物付きです。

 

まとめ

  • 何にでも興味を持とう!
  • 行動を分割して考え、ひとつずつこなしていこう!
  • 日常的な行動はルーティーン化しよう!
  • 1日5分でも運動する週間を!

 

 

 あなたにオススメの記事

 

 

tama1992.hatenablog.com

 

 

tama1992.hatenablog.com

 

 

tama1992.hatenablog.com