読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐうたら商会

ビジネスから娯楽まで。 軽く笑えるユーモアとうまくやり抜く賢さを。

地頭の具体的な鍛え方。筆者選りすぐり脳力トレーニング法3選!

こんにちは、tamaです。

f:id:tama1992:20170207170010j:plain

 

 みなさん一度はもっと頭を良くしたい!と思ったことありませんか?

 僕は勉強をもっと効率よくしたり、勉強じゃどうにもならない新しい場面での対応力を身に付けたい!と様々な能力開発を試してきました。

 そこで今回は数ある能力開発の中でも、これは効果があった!と自信を持って伝えられる3つをご紹介します。

 

目次

 

 

オレンジカード

期待できる効果

  • 右脳の活性化
  • 映像記憶能力の強化

やり方

①まず、このようにオレンジ色の背景の真ん中に大きな青色の円の絵や画像を用意してください。

f:id:tama1992:20170207165004j:plain

②この絵を30秒間集中して見つめます。

 

③そして、目を瞑ります。するとまぶたの裏に先ほどの絵のオレンジと青が反転した映像が見えるはずです。

 

④視点の位置や、意識を置く場所を変えたりして、この映像をなるべく脳内に保持するように頑張ってください。

 

⑤初めはこの映像が少しの間しか残りませんが、トレーニングを続けていくと徐々に映像が残る時間が延びていきます。

 

⑥さらに、トレーニングを続けていくと、この残像の色が反転したものではなく、そのままの色で見えるようになります。これは第2段階と呼ばれています。

 

⑦もっともっと続けていくと、残像の色や形を自由自在に操れるようになったり、いつでもどこでも自発的にイメージが作れるようになります。

 

⑧一般的に次のように段階されます。

 

第一段階 見た像の補色(青色が反転)が、残像として見える。

第二段階 残像がそのままの青色で見える

第三段階 残像の色、形を自由に変える事が出来る

第四段階 自発的にイメージが見えるようになる

 

メモ

 このオレンジカード法はとてもシンプルなトレーニングですが、いちばん根気が必要なトレーニングでもあります。ただ、続ければ確実に効果が出ることは保証します

 僕はこのトレーニングを1日5分から10分くらいを使って、約2年間継続してます。もちろん忙しい時は1週間くらいトレーニングが出来ないときもあったので、平均すると2日に1回か3日に1回くらいのペースだと思います。

 始めて4ヶ月ほどで第2段階まで出来るようになって、ようやく最近第3段階が少し出来るようになりました。最近はポケモンの映像を脳内つくって遊んでいます。

 ここまでくると映像記憶ができるようになったことを凄く実感します。よく言われるような、映像や画像をみてそれをイメージのまま覚えるだけでなく。人から聞いた話や、本で読んだことなどを自発的にイメージ化してそのまま記憶出来るようになりました。

 

 

二重Nバック課題

 

期待できる効果

  • ワーキングメモリの強化
  • 論理的思考の習得

 

やり方

①まず、次のような2重Nバック課題のアプリをダウンロードしてください。

 

 

super N-Back

super N-Back

  • Paul-Antoine Nguyen
  • 教育
  • 無料

 

 

Dual N-Back: Brain Training

Dual N-Back: Brain Training

  • Roman Dvoynyev
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

 

②まずはN=1から始めましょう。

スタートを押すと、9つのマス目と音ボタンと視覚ボタンが出てきます。

 

③次に、マス目が点灯しながら同時にアルファベットの音声が流れてくるので、点灯した場所と発声されたアルファベットを覚えてください。

 

④次々とマス目が点灯し、音声が流れてくるので、それが一回前に点灯した場所と同じであれば視覚ボタンを、アルファベットが同じであれば音ボタンを、両方とも同じであれば、両方のボタンを押してください。

 

⑤今回はN=1の場合で説明しましたが、N=2の場合は一個前の点灯場所やアルファベットではなく、二個前のそれらと同じであるかどうかを判断しなければならないので、難易度は上がります。

 

メモ

 これは、一見簡単そうに思えるトレーニングですが、めちゃくちゃキツイです。笑 

 始めはN=3でも相当キツイと思います。僕は、半年かけてN=7までいったあとは、やったりやらなかったりが続いてるので伸びていません。

 この二重Nバック課題は、流動性知能(ワーキングメモリ)の向上が期待できると言われています。

 ワーキングメモリとは、何か人間が作業をするときに使う能力のことで作業記憶とも言われます。車の運転をしたり、文章を理解したり、なにか問題を解決したりなど日常やビジネスの様々な場面で必要とされる能力です。何をするにも他の人と比べて要領が悪いと感じる人は、もしかしたら、このワーキングメモリが劣っているのかもしれません。

 そして、このワーキングメモリは生まれつき与えられるもので、後天的に発達させるのは難しいとされていました。

 

 しかし、スイスの研究者らが2008年におこなった研究発表によると、二重Nバック課題のトレーニングによってワーキングメモリの向上がみられたとの報告があります。

 また、2011年のミシガン大学の研究では、デトロイト地域に住む小・中学生を対象にこのトレーニングを1日15分を3週間受けさせたところ、知能テストの成績が大幅に向上し、しかもトレーニングを止めた後も、その効果が3ヶ月も継続したとのことです。

 

 僕個人としては、アイデアがポンポン出てくるようになったり、人との会話がとてもスムーズに出来るようになったことを実感します。

 特にいちばん効果があったのは、数学的に物事を解決する能力がついたことです。以前は、なにか問題があると、1つの考え方に執着してしまい行き詰まることが多かったのです。今では様々な問題解決のフレームワークを同時に考えて、多角的に問題を捉えられるようになりました。

 

 

瞑想

期待できる効果

  • 記憶力の上昇
  • 思考力アップ
  • 集中力の向上

 

やり方

①椅子に座っても、仰向けに寝転がるでもいいので、とにかくリラックス出来る体勢を取ってください。

 

②目を瞑ります。

 

③次に呼吸に集中していきます。なるべく他のことを考えないようにしながら呼吸に集中します。

 

④この時に大事なのは腹式呼吸です。呼吸をするときに肩が動かずお腹が上下していればオッケーです。

 

⑤頭の中で7秒数えながら、ゆっくりと口で息を吐いていきます。この時に体の力や頭をリラックスさせるイメージをもつとなお良いです。

 

⑥息を吐ききったら、今度は7秒かけて鼻から呼吸します。

 

⑦どんどん集中していくと、自分の体の輪郭がハッキリと分かるようになったり、手足が温かくなっていくのに気付くと思います。

 

⑧もう少し瞑想が深まると額が渦巻いている感覚になったり、とてもリラックスした感覚になり、今まで感じたことのないほどの心地よさを得られることもあります。

 

メモ

 瞑想!これは本当にオススメです。寝る前に1日15分でもいいので習慣に取り入れてみてください。

 僕は瞑想は3年くらいやってるのですが、始めはなんとなくこれで良いのかな?って感じでやってました。それでも頭がスッキリする感覚があって、周りの景色がとても鮮明になったのを覚えています。

 今では、開始10分くらいでとてつもない心地よさに包まれる感覚になります。どれだけストレスを抱えていても、すべて吹き飛んでしまいます。むしろ、瞑想を続けていると日常生活でもほとんどストレスなんて感じなくります。

 瞑想は一昔前は怪しいイメージでひたが、近年研究が進んでおり、googleAppleなどの超有名企業でも社員の能力向上を図るために実践されています。

瞑想の効果の科学的な根拠に関しては次を参考にしてみてください。

 

gigazine.net

 

僕は、集中力、記憶力、思考力、とにかく頭を使うこと全般の能力が底上げされたことを実感してます。

 

おわりに

以上が僕が試した頭を良くするために行った能力開発の方法です。

正直どれも簡単そうに見えて、なかなか継続が難しいものばかりです。

しかし、オレンジカード法、二重Nバック課題、瞑想のどれもが、僕が行ってきて効果を実感した能力開発方法です。

どれも1日15分から実践できます。是非みなさんも今日から始めてみてください!