読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐうたら商会

ビジネスから娯楽まで。 軽く笑えるユーモアとうまくやり抜く賢さを。

おしゃれのパラドックス「服屋に着ていく服がない」的問題をまとめてみた。

ぐうたら 体験談

こんにちは。tamaです。

 

f:id:tama1992:20170214083404j:plain

 

突然ですが、みなさんこんな言葉を聞いた経験はありませんか?

 

「服屋に着ていく服がない」

 

今回はこの問題について考えてみます。

 

 目次

 

「服屋に着ていく服がない」問題とは?

 

 これは少し前にテレビでお笑い芸人さんが発言した内容で、今ではネットスラングにもなっています。

 オシャレになるために、カッコいいor可愛い服を買いに行きたい。けれども、そもそもお洒落な雰囲気の服屋に行けるような服を持ってない。

 というパラドックスというかジョークみないなものです。初めて聞いた時から面白いなあと思ってました。

 そして、僕はこの問題をおしゃれのパラドックスと呼んでいます。

 

一般化した定義としては

 

「Aという目的を達成したいが、そもそもAの達成のためにAが必要である。そのために、Aを達成するための行動が出来ない。」

 

といった感じですかね。

 

ですから、今回は日常生活でありがちな

「服屋に来ていく服がない」的問題、おしゃれのパラドックスをいくつか考えてみました。

 

おしゃれのパラドックス一覧

 

メガネを探すためのメガネが欲しい

これは経験ある方が多いのではないでしょうか。

メガネが見当たらなくて、メガネを探しているけども、メガネがないのでよく見えない!うまく探せない!

特に朝なんかはこの問題に直面しやすいですね。

これの類似問題としては

「落ちたコンタクトを探すための視力がない」

があります。

 

ジムにいくための筋肉がない

これは、特に男性の方は思ったことがあるのでは?

筋トレをするためにジムに通いたいけれども、ジムって筋肉隆々の人が多いので、こんなガリガリな自分が通うなんておこがましい。恥ずかい。

僕なんかは見栄っ張りなんで、何度かこの問題に直面したことがあります。笑

これと似た話として、以前ダイエットをするためにジムに通いたいという友人がいました。

しかし、彼女が言うには

「こんなぷよぷよの姿でジムに行くのは恥ずかしいから、もう少し痩せてから行きたい。」

いやいや、その痩せるためにジムに行くんじゃないのかよ!って。笑

 

勉強をするための知能がない

これは未だにあるあるです。

特に数学や哲学などで高度な内容を学習する場合なんかは、その内容を理解するために、その内容のことをある程度理解出来ていないといけない。という不可解な現象が起きることがあります。

少し身近な例で言うと、国語の勉強をしたいけれど、国語を理解するための国語力がない。とかですかね。

 

就職をするためのお金がない

これはフリーターをやってた友人が実際に困ってた問題です。

その友人は、結婚をすることになったので、引っ越しや新婚旅行の資金のためにお金が必要だと。だから、正社員として働くために就職活動をしなければならない。

しかし、就職活動のためにスーツを買ったり、バイトのシフトを減らしたり、交通費を捻出しなければならない。そんな余裕はない!

お金を稼ぐためにはお金が必要ってことですね。

 

似たような話で、某大型ネット掲示板でこのような流れが定番となっているようです。

①働けよ、仕事探せ。

②ハロワに着ていく服がない。

③じゃあ、服買えよ。

④働いてないから、服買う金がない。

そして①に戻る。

 

携帯電話を探すための電話がない

これは、ホントに頻繁にやってしまいます。今までのとは少し違ってうっかり要素が少しあるかも知れません。

「あれ、携帯どこいったけ。」

「あ、そか、鳴らせばいいんだ。」

「あ、携帯ないんだった。」

といった流れですね。皆さんも一度はあるのではないでしょうか。

これは、固定電話を置いていない世帯が増えている現代ならではの問題かも知れませんね。

 

おわりに

以上が僕の考えるおしゃれのパラドックスです。

このようなパラドックスを発見次第、随時追記していきたいと思っております。

お付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 あなたにオススメの記事

tama1992.hatenablog.com

tama1992.hatenablog.com